おなら

345. おなら の音

  • LINEで送る

おなら の音

どういう意味なのか?

あまりにも普通のタイトルだ

しかし、この物語は最初の方は本当なのだ、、、

 

先月末どういうわけか絶対音域を持つ女性と食事をする機会があった

初めて会った彼女の耳は特に大きくはなかった

しかしどんな音も「ド レ ミ フ ァ ソ ラ シ ド」で表わせると言う

僕は最初、何を言っているのか分からなかった

「ちょっと待ってね」

彼女はテーブルの上にあったチョップスティックを持って、ビールの入ったグラスを叩いた

「コレは、ファ」

少し下がって、またそのグラスを叩いた

「コレは、レとミの間」

「高い方の、ファ」

もしかすると、この女性は おつむが、、、

僕には、違う音だとは分かるけど、なんで「ファ」なのか、どうして「シ」なのかが分からなかった

悔しさでいっぱいになった僕は八つ当たりも含め「じゃぁ、僕の おなら も聞き分けてください!」と言い切った

「さ、どうぞ、、、聞かせて、、、」

 

「や、やめてくださいっ!」

 

僕は、綺麗な女性の前で、おなら は出来なかったのです

  • LINEで送る

コメント

  1. ちゃんじゅん より:

    音かー❗私達は普通にオナラにしろ、サザンオールスターズにしろ、イロイロとあらゆる音が聴けるが、耳が不自由な人はオナラって?聴いたこともないんだろうな。普通に何でも聴いたり、出来るって、感謝しないとな☺
    昔、近所に音という、暴走族がいたな〰、
    思い出した(笑)

    1. 野畑 昭彦 より:

      ちゃんじゅんさん 彼女は周りの音が色々聞こえてしまって辛かったそうです 練習をして克服したそうです

  2. ポコちゃん より:

    妻の前では恥ずかしいのですが
    娘の前では平気なのです
    不思議なものです☆

    1. 野畑 昭彦 より:

      ポコちゃんさん 何故か私はダメです 男の人の前でも

コメントを残す

*