うんこ

381. うんこ の価格

  • LINEで送る

 

先週、私たちは展示会に参加した

初めての展示会だ 右も左もない私たちだが、右も左も分からなかった

時間が来て、たくさんのお客様が入ってきた

展示しているのは全て うんこ

お客様は

「この うんこ は何ですか?」

「あの うんこ は?」

「何故、うんこ はクサいんですか?」

矢継ぎ早に質問され、私たち うんこ も自分の事なのに目が回った

 

お客様の興味のある「うんこ」の説明を一通りした後は、商談だ

「掛率はどれくらいですか?」

えっ!

しまった!

重さや長さ硬さなどは、分かるようにしていたのだが、肝心の定価を付けるのを忘れていたのだ

は?

よく考えると、定価って自分達に値段を付けるって事と同じ

人には見かけだけで判断出来ない事だってあるし、価格を付けるなんておかしい

うんこ だってもちろん同じ

私たちは全員揃って

「バカにしないで! 自分達に価格なんて付けれません! やめてください!」

とキッパリ断った

その潔さが良かったのか、その後の人だかりは増えるいっぽう

ドンドン受注したのだった

正直さ、誠実さ、が最終的に勝つんだ

それは、いつの時代も、、、

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*